Profile
Category
Contemporary dance
Tango
Others
この記事を書く前の更新が、RADAオープンの記事とは。

2014年のstudio RADA設立のバタバタから、
2015年はまずMOKKのダンサーのオーディションを始め、
谷川俊太郎さんと、はせみつこさんの「ウリポ・はせ・カンパニー」の企画や、六本木アートナイトでのdance track、そして今小屋入りしている日本女子体育大学の「ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらん’15」と。かなり幅広く色んな方と知り合うことができました。


詩で踊り、その後演出の金田一央紀さんと谷川俊太郎さんと少しだけ対談。MOKK新メンバー初のお披露目になりました。


六本木アートナイト内、dance track。2tロングのトラックの荷台で白いLAURAっ子たちが。
2010年ぶりにあつまった皆と久しぶりにLAURAのメロディを謳いました。

そして、ぴちぴち。

振付家に伊藤キムさん、平原慎太郎さん、と普段はなかなかご一緒なんかできないのでは、というラインナップにご一緒させてもらい、若いエネルギーにまみれながら作品を作ることができ、とてもよい機会でした。
昔から、やりたいと思っていた企画に参加できて嬉しかったです。
「vai vedrai」というアレグリアの曲から着想した、出演者自身が主題のような作品。
ちょっと「ヴァニッシング・リム」のスピンオフ的な要素も。

さて、6月は少し落ち着いて、スタジオ業務に戻ります。
この4、5月の本番続きを支えてくれたスタジオスタッフに感謝。
そして、やりたいRADA企画もMOKK企画も目白押し。

自分も踊らなくては。


…余談ですが、
作品を今回見てくれた方たちが、踊りたい!と言ってくださったこと、なんか悔しい、と言ってくれたこと、とても嬉しく励みになりました。

ウリポにしても、dancetrackにしても、ぴちぴちにしても、
お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。


次回は7月予定のMOKK LABO#7「ナイトサファリ日本橋」です。
詳細をお楽しみに!





 

《MOKKダンサーを募集するにあたり》

ダンスプロジェクトMOKKでは、劇場に限らず内外特異な空間を活かした体感型ので作品を多く上演してきました。
空間を生かした体感型の作品を創るなかで、しかし、どのような空間でも、「より強い存在としての身体」が作品の強度になるものです。(ここではなにが"強い”かはさておき)
ダンサーと共に、日常的な訓練や身体のあり方、自分なりのリサーチがもっと必要だと感じています。

空間だけでなく、より出演者とその身体とじっくり向き合おうと2012年からMOKK-solo-シリーズも立ち上げ、より個々の出演者と深く関わりながら創りあげる試みも継続してきました。

MOKKのメンバーというのは照明・舞台監督・音響・制作というスタッフで構成されており、共に7年間、空間や作品ごとにダンサーや俳優の出演者が変わる活動をしてきました。空間によって求める出演者の顔ぶれも違うし、個性豊かな身体を求めて、あえて揃わないようにしてきた部分もあります。しかし、活動を続けていく中で、もっと出演者と身体や作品の問題意識を共有したい、作品に密接した身体を一緒に作り上げていくために、今後の活動を共にしてくれるダンサーを募りたいと思いました。

プロフェッショナルなコンテンポラリーダンサーというものがかなり限られた日本においても、ダンサー(を目指す人)にとって、身体の訓練・メンテナンス・リサーチなどを、「日常的」におこなう環境が必要だと思い、2014年の4月にスタジオ「RADA」を設立しました。これまでの、公共施設を連日必死に探し、アップやクールダウンが十分とは言えないまま、固く冷たい床で裸足のダンサーとリハーサルしていた状況からすると、拠点とも言える場所を得たことは非常に大きな前進でだと思っています。RADAでは、バイトと公演や稽古に忙殺されるダンサーが、なるべく安価に日々のトレーニングに活用できるレッスンがあり、また、毎日ダンサーや振付家が集まることによって新たな出逢いを提供できる場です。また、彼らダンサーや振付家たちが講師として定期クラスやワークショップの機会を持ち、自身の舞台に興味のあるダンサーや一般の方へアプローチすることも可能にしています。

RADAには劇場機構はほとんどありません。しかし、ダンスをより身近に楽しむ空間として、日本橋・丸の内など地域に勤めている一般の方からダンスになんとなく興味のある人、プロダンサーまで様々な人が交流できるよう、また自分の土台を探していくため、今後は定期的なショーイング公演やイベントも開催していきたいと考えて思います。

「RADA」という拠点を積極的に利用し、私と一緒に身体のあり方を探し新たな展開を楽しんでくれるダンサーを募集します。

ご興味のある方は、ぜひ。
MOKKのサイトはこちら

11月は奈良県大和郡山市の遊廓建築で踊る、の巻
(正式タイトルは「遊廓」から「大和-YAMATO」に変更になりました。)
笑いの絶えない稽古場ですが、短期集中でがしっといきます。
今回の出演者は手代木花野、菅彩夏以外の3人が新しい顔ぶれです。

まず、王下貴司さん。
まことクラブ(反転文字ってどう表記させるのでしょう)やタバマ企画でおなじみで
ずっと気になってるお方でした。いいお尻。
とっても面白い方なのに、なんて言うか透明感あり過ぎですよね。
いや、白い肌、とかは別として。
てしと菅ちゃんがウホウホしてます。
だいたい、彼女らには私がどんなことを期待して
出演者を選んでお願いしているか見通されてます。
あぶない、あぶない。。

次に小松睦さん。
むっちゃん。私の大学の後輩にあたります。
最年少ながらにして色気あります。
今回は、旧川本邸の日本の遊廓建築にぴったりだな!と
思って、参加してもらいました。
普段はぬぼ〜ってしてそうですが、
そのゆったりな佇まいが色気を出すんでしょうかね。
要注意人物です。

そして、今津雅晴さま。
9月に冨士山アネットで共演させて頂きました。
なんであの人、こんなに気さくなのでしょう。
とっても隔たりがありません。素敵。
とっても素敵な動きが沢山できるのは承知しておりますが、
ほぼ封印させていただきます。
すごい存在感なので、MOKK作品、かき混ぜで頂けそうです。


まだ、男性とデュオシーンがなくてやきもきしている手代木さんと
いつもに若干増して、より楽しそうに見える菅ちゃんと。

LABOは久しいので、本当に楽しみです。
その後に控える2月の新projectに向けて気分も整えてゆきます。

http://cocodeart.jimdo.com
 

金魚の養殖で全国に知られる奈良県 大和郡山城下町。

その一角に現存する遊廓建築「旧川本邸」界隈を舞台にした、二夜のダンスパフォーマンスです。

2009年、「MOKK LABO#5 古民家」で奈良県五條市での滞在制作を敢行以来 活躍の場を飛躍的

拡大し、国内外で注目されるダンスプロジェクト、MOKK が再び奈良へ。

日 時:2013 年11月23 日(土)・24 日(日)

    開 演:16:00 / 20:00(開場は開演の15分前)

    会 場:奈良県大和郡山市洞泉寺町一帯

    受 付:奈良県大和郡山市 旧瀬川邸(下図★)

        ※開演の40分前より受付開始

        ※会場へは受付の瀬川邸からご案内いたします。

入場無料 (※整理券あり)

★建物の構造上、建物2階に一度にお入り頂ける人数が限られております。
入場整理券をご希望の方は、下記にご希望日時・枚数・お名前・ご連絡先をお知らせください。

ここでアートプロジェクト実行委員会
電 話:090-9463-9463(大崎)
メール:cocodeart[@]gmail.comへ[@]を@に変えて
ご希望日時・枚数・お名前・ご連絡先をお送りください。
(数日たっても返信のない場合は、再度ご連絡をお願いします。)

★ご来場のお客様が規定人数を越えた場合、事前にご連絡を頂いた方から先にお入り頂きますのでご了承ください。当日は、開演の40 分前より、旧瀬川邸(地図★印)にて整理券をお配りいたします。

※洞泉寺町内にある旧川本邸は市の保有する建物で、今年度より耐震調査を開始し、現在イベント時のみ一般公開している建物です。
こちらに入場頂く際は、その旨ご了承頂くご署名を頂かなければなりません。何卒ご了承くださいませ。

  

アクセス:近鉄郡山駅より徒歩10 分。JR 郡山駅より15 分。

     会場に駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。 

MOKK LABO#3終わりました〜。関係者の皆様、蒸し暑い日、雨の日に
遠くお越し下さった皆様、本当にありがとうございました!
御陰様で、毎回反省しながら毎回違った見え方がある
LABOになったんではないかと思います。

楽しい3日間でした。


本番を終え、リハを終え、帰ってきて、
北海道から届いたアスパラをたらふく食べて


何故か、前作「ましろ」のラフカット編集の
チェックをする。

ううっ、いろいろ反省は山積み。。
いろいろ気になって見るのがなかなか進まない。。


つくづくもっと深いとこみないとだめだな、と思います。
勉強と身体との向き合いですな。

あ〜〜〜れ〜〜〜〜。

映画でも見たいな。

昨日から始まったMOKK LABO#3【暗闇】。
お昼からみんな駐車場に集合。

 

今日一日も暗闇の生活。本当に光がないから
目が慣れることもない。明かりには敏感になるけれども。

そして本番を迎えるたび、スタッフ&キャストが自分たちより
人数の少ないお客様と一緒に暗闇を体験する。
終わると、全員(スタッフさえ)がお客と対面し、感想聞いたり
話たり、こんなことは大きい公演ではなし得ない。
じっくりお客さんの反応や表情を拝見できる。
まぁ、自分だったらお客として見た後に
ゆっくり出演者と感想を話すのは案外苦手なので、
早く解放してあげたいと勝手に思っていたりする。

ので、どうぞ私達のイベントに来て頂いた方で
そういう時間が苦手な方は遠慮せず、切り上げてくださいね!


今日は明日、本番終えたあと、飛んでみや子師リハに
ダンサーM氏とT氏と向かわねばならないので、打ち上げをした。
それも23時前には幕を閉じ、MOKKの健全さを改めて実感。。
MOKKはお酒を飲む人がダンサー含めいつも少ないので
みんな食べることに情熱を注ぎます。
おしゃべりな人もそんなに多くないけど、
今日はみんなにぎわってとても楽しかった。

さて、明日も頑張ります。



今日、帰りにメンバーK氏が池袋駅にて
「うそ!私ホルモン出てるの??」と叫んだのが
ベタながらも妙につぼでした。フェロモン。。

先日より現場にてLABOのリハーサル開始。
のっけからいろいろ問題ありましたが、当日までに何とか頑張れそうです。

やってみましたが、とても暗いね!
当たり前ですが。本当に暗いです。
作品がじゃないですよ、暗闇がですよ!
楽しい。


東京に済んでいると、電気を消しても
外の明かりで輪郭がぼんやり見えます。慣れてくると
かなりはっきり見えます。
こんな機会がないと
本当の暗闇は体験なかな出来ないんじゃないかと思います。

だって慣れても見えないんですよ。


そのうち視力が頑張るのをやめて
他の感覚が敏感になっていくのが
楽しい。またそれを他のダンサーやスタッフと
共有出来るのが嬉しい。


これが体験に来て下さるお客様にも伝えられるといいです。

昨日The bambiestのセッションハウス本番終わりました〜。
久しぶりのデュオ。いろいろ鍛えられました。
お越しいただいた方&関係者のみなさま、
本当にどうもありがとうございました。



今日は13時から17時までTGのプラクティカ(?)で長丁場のヒールで
ヨレヨレしながら仙川スタジオへ。
笑う土の自主リハした後、LABOの打ち合わせリハ。
今回は暗闇、ということで話していたのだけれど
全く明るいスタジオでは感じがつかめず、更衣室でも
明かりと音がもれて分からず、
ダンサー3人で手を掴みながらトイレの中へ。
真っ暗闇の中、打ち合わせ&実験。
恐ろし、楽し。。


今回のラボは何が起きてしまうんでしょうか。。



やっと!詳細決定しましたのでお知らせします。

MOKK LABO#3【暗闇】

■2008/6/20~22
6/20(金)18h/19h/20h
6/21(土)14h/15h/16h/18h/19h
6/22(日)12h/13h/14h

■蓮根コンテナボックス(東京都板橋区蓮根1-7)

■料金:¥1,000

■Dancer:江角由加 寺杣彩 登渡カッパ 村本すみれ

注)今回は暗所、閉所に抵抗のある方はご遠慮ください。



どんな感じになるのか楽しみです。
やる方も楽しみですが、体験された方が何を感じるか、
私も知りたいです。計11回という、驚きの回数を御用意
してますので、ぜひご覧下さい!

あ、一回に付き5人までの上限なのです。
何とぞご了承下さいませ。宜しくお願い致します。
先日発売された7月号のDDDとシアターガイドに
MOKKの赤城神社公演「ましろ」の写真&記事が掲載されました。
本当にありがたいことです。

「ましろ」は今でも温かいご支援のお声を頂きますが
その裏にある”これからもっと頑張れよ”という励ましの意図を
もっとも感じる作品でもありました。
終わってからもとても思うことがあり、次の一歩が踏み出せないような
課題もあったりします。

しかし、ここは勢いに乗って
びゅーんと邁進するのみなんですね。
やらねば!!いや、いろいろやりたい!
と、思いこみます。


今日は今週7日に控えたセッションハウスの21フェスの照明合わせでした。
何だか、エンジンの掛ける方向がはっきりしたようなので
頑張れそうです!いや、頑張ってましたよ、今までも。
でもはっきりしたのです。
ぜひお時間ございましたらお越しください!


そしてそして、LABO#3の詳細も決定!!
これは明日にでもブログ、MOKK HPにも載せるので
ご注目ください!
| 1/1PAGES |